守りの攻略法と攻めの攻略法

投稿者: | 2018年11月20日

オンラインカジノの攻略法であるマーチンゲール法

オンラインカジノには、実はいくつか攻略法が存在するのですが、その中の一つがマーチンゲール法です。

マーチンゲール法は、ギャンブラーの間でも有名な攻略法で、必勝法とも称されています。
とても単純でシンプルということもあり、取り入れやすくなっています。
オンラインカジノはもちろんですが、他のギャンブルでもこの攻略法を使っている方は多いですし、投資などでも採用することができます。

マーチンゲール法の基本をまずは知っておくといろんなシーンで活用することができます。

マーチンゲール法のやり方の詳細

マーチンゲール法の詳細ですが、倍賭け法を用いて、倍賭けで賭けていくだけです。
2倍、4倍、8倍と賭けていき、そして勝つまでこれを続けていきます。
勝てば、最初の投資額に戻るか、その時点でやめます。
倍プッシュをすることによって、勝ったときに負け金を取り戻すことができますので、マネーシステムでも王道といわれています。

とても簡単なやり方なので、初心者でも取り入れやすくなっており、資金があればできるのでその点でもメリットがあります。

マーチンゲール法が使えるゲームは?

オンラインカジノにおいて、マーチンゲール法が使えるゲームはいくつか種類があります。
基本的には、こちらのマーチンゲール法は勝率が50%であることが限定ですので、勝率が高いテーブルゲームにおいて使うことが必要です。
たとえば、ブラックジャックやバカラ、そしてルーレットなどで使いましょう。

その他のスロットなどのゲームは、勝率が50%ではないので、マーチンゲール法を使うことは厳しくなります。

マーチンゲール法のデメリットを頭に入れておく

マーチンゲール法のデメリットはいくつかのデメリットがあります。
まず、マーチンゲール法のデメリットですが10連敗の可能性が低いことを前提としているので、必ずしも勝てるとは限らないという点です。
連敗の確率は低いですが、マーチンゲール法を用いたからといって、優位になるというわけではなく、負けてしまえば、多大な損失となってしまいます。

また、マーチンゲール法は、莫大な資金があることが前提の攻略法となっています。
持ち金が尽きてしまえば、そこでマーチンゲール法を使えなくなってしまいますので、持ち金と賭け金のバランスを考えておくことがとても重要です。

また、ベットリミットの問題もあり、賭け金上限もあるので注意をしましょう。

マーチンゲールとは逆の考えに基づくパーレイ法とは?

オンラインカジノの攻略法であるパーレイ法ですが、マーチンゲール法とは真逆の攻略法なのが大きな特徴です。
マーチンゲール法が守りの手法であれば、こちらのパーレイ法はひたすら勝負に出る手法となっています。
攻撃に特化しているため、負けないためにベットするよりも大勝利を狙いたい人に向いている攻略法です。

アンチマーチンゲール法とも呼ばれており、防御を一切考えず攻撃に特化しているのが特徴です。
少ない資金でも大きく勝つことができるため、なるべく大勝ちしたい人にもおすすめのやり方です。

パーレイ法のやり方は?

オンラインカジノのパーレイ法は極めて簡単です。
まずは、勝率50%のテーブルゲームを選びます。ここでは、バカラ、ルーレット、ブラックジャックなどがおすすめです。
これらのテーブルゲームを選べば、勝負に勝ったら、そのまま勝利金を全て次の賭けに回し、倍プッシュをしていくだけというやり方です。
また、全ての勝利金をつぎ込むことに抵抗があれば、その半分だけを賭けるというアレンジ法もあります。

しかし、この場合、パーレイ法のメリットである、勝ったときの爆発力が少ないのがデメリットです。
また、止める時ですが、永遠に続く連勝というのはありませんので、どこかで止め時を考えておくことが大切です。

パーレイ法のメリットとデメリットは?

パーレイ法のメリットは、やはり勝ったときの爆発力です。
パーレイ法は連勝する可能性に賭けるということもあり、一般的なマーチンゲール法とは全く逆になります。
連勝する可能性が低いですが、連勝したときの勝ち金はすさまじく大きくなるのが魅力です。

たとえば、2倍の配当のゲームでも、7連勝をすると128倍にもなります。これがさらに倍になれば、それだけ賞金が大きくなります。
ロングショットを狙うことができるというのがパーレイ法の最大の魅力です。
また、パーレイ法はとてもやり方が簡単で初心者にもやりやすいというのがメリットです。
複雑なことはないので、複雑な手法は苦手な方にもおすすめです。

しかし、パーレイ法にはデメリットもあります。
パーレイ法は、一回の負けで全ての勝利金を失ってしまうということもあり、リスクが高い方法です。勝ったときの賞金額が大きい代わりに、一瞬でお金を失ってしまうことにもなるので、注意が必要です。
また、持ち金と賭け金のバランスを考えなければ、すぐにお金が尽きてしまうのもデメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です